抜け毛で悩んでいる人のために抜け毛の予防や抜け毛の対策を紹介していきます!!

抜け毛 チェック

【小林製薬】アロエ育毛液
Lasana(ラサーナ)トライアルセット
抜け毛チェック 新着記事

Favorite Link
抜け毛チェック 記事検索

Categories
[ 抜け毛 チェック > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
[ 抜け毛 チェック髪のオシャレと健康 > ヘアアレンジ 注意点 ]

ヘアアレンジ 注意点

< ヘアアレンジ 注意点の記事はココから >
髪を結んだり、ヘアアクセサリーをつけたりするのは

パーマや毛染めをしなくても手軽に髪のおしゃれを

楽しめます。

特に女性にとっては、気分転換にもなり楽しいものです。

しかし厳密にいうと、ヘアアレンジも髪にまったく負担が

かからないわけではありません。

無理なアレンジは、抜け毛の原因になることがあります。

髪をアレンジするときに気をつけなければならないのは、

強い力を加えて髪に無理をさせないことです。

髪を強く結び、長時間いると髪にも頭皮にも負担がかかります。

またいつも同じ場所やアレンジは、髪の特定の部分に負担をかけ

そこだけ髪が傷んだり薄くなったりすることもあります。

たまに髪に息抜きをさせてあげることが大切です。

ヘアアクセサリーを取るときにも、優しく丁寧に髪に負担を

かけないようにしてください。

ヘアアイロンも注意してください。

一時的に強い熱で髪にクセをつけるものなので、髪を傷める

原因になります。

同じ場所に長時間当てないように気をつけて使用して下さい。


< ヘアアレンジ 注意点の記事の続きはココから >
< ヘアアレンジ 注意点の記事はココまで >
[ 抜け毛 チェック髪のオシャレと健康 > 毛染め パーマ 弊害 ]

毛染め パーマ 弊害

< 毛染め パーマ 弊害の記事はココから >
毛染めやパーマは、今では誰もがオシャレとして楽しむものに

なっています。

しかし原理をよく理解しないで使用すると、髪や頭皮が

ボロボロになてしまいます。

パーマや毛染めが髪によくない理由は、一言でいうと天然素材で

できた髪に化学的な処理を施す点にあります。

パーマは、毛髪だけでなく頭皮にもダメージを与えるので注意が必要です。

毛染めは、中でもヘアダイとブリーチにが危険です。

ブリーチは、髪に悪くヘアダイは頭皮に悪いとされています。

髪のオシャレに捨てがたいものですが…

パーマも毛染めもやらないことにこしたことはありません。

しかしどうしても髪のオシャレを楽しみたいなら次の2点だけは

絶対に守るべきです。

ひとつは、パーマとヘアダイを同時にしないこと。

もうひとつは、仕上がりが気に入らないからといって、すぐに

かけ直したり染め直したりしないことです。

そしてパーマや毛染めをしたらコンディショナーなどで髪の

アフターケアをきちんとすることを忘れないで下さい。
< 毛染め パーマ 弊害の記事の続きはココから >
< 毛染め パーマ 弊害の記事はココまで >
[ 抜け毛 チェック髪のオシャレと健康 > 髪 ブラッシング 注意点 ]

髪 ブラッシング 注意点

< 髪 ブラッシング 注意点の記事はココから >
ブラッシングは、摩擦によって髪の表面のキューティクルを

傷つけるだけでなく、やり方によっては頭皮を傷つけることも

あります。

特に頭皮に傷や炎症がある場合は、悪化してしまう可能性も

あります。

ブラシの材質は、静電気防止の処理をしてあるものや

動物の毛を使ったものを選んでください。

ブラッシングするときは、髪の根元までブラシを当てて

頭皮をゴシゴシしないでください。

必要以上に何度もブラシもかけないように。

絶対に避けてほしいのが、風呂上りの濡れた髪にブラシを

かけることです。

髪に大きなダメージを与えてしまいます。

よく髪を乾かしてからブラッシングしてください。

たかがブラッシングと思うかもしれませんが、間違ったやり方は

髪や頭皮を傷める原因になります。
< 髪 ブラッシング 注意点の記事の続きはココから >
< 髪 ブラッシング 注意点の記事はココまで >
[ 抜け毛 チェック髪のオシャレと健康 > ドライヤーの使い方 ]

ドライヤーの使い方

< ドライヤーの使い方の記事はココから >
髪を洗うところまで完璧でも、髪の乾かし方まで気をつけないと

ケアは万全とはいえません。

洗ったばかりの髪は、無防備で傷つきやすい状態になっています。

乾いた状態のときよりも丁寧に扱わないといけません。

乾かす手順としては…

いきなりドライヤーを使用せずに、タオルで髪の水分を取ること

から始めます。

髪をこすり合わせるのではなく、抑えるような感じで水分を

とってください。

注意しないと枝毛や切れ毛の原因になります。

タオルドライは丁寧におこなってください。

髪が短い人は、タオルドライだけで充分です。

ドライヤーの使い方のポイントは、低い温度で時間をかけない

ことです。

髪を乾かすというよりは、頭皮を乾かすつもりで髪の根元に

指を入れて髪を持ち上げて風を送ります。

ドライヤーは髪から最低20センチ以上、離してこまめに動かして

ください。

遠赤外線ドライヤーを使用するのが良いと思います。
< ドライヤーの使い方の記事の続きはココから >
< ドライヤーの使い方の記事はココまで >

最新トラックバック
RSSで更新状況をチェック
頭皮ケアもできる天然ハーブの白髪染め
Go To Mobile-Site
qrcode
amazon
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

抜け毛,髪,ハゲ,頭皮,育毛,発毛