抜け毛で悩んでいる人のために抜け毛の予防や抜け毛の対策を紹介していきます!!

抜け毛 チェック

【小林製薬】アロエ育毛液
Lasana(ラサーナ)トライアルセット
抜け毛チェック 新着記事

Favorite Link
抜け毛チェック 記事検索

Categories
[ 抜け毛 チェック > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
[ 抜け毛 チェック髪 影響 社会環境 > 環境ホルモン 髪 影響 ]

環境ホルモン 髪 影響

< 環境ホルモン 髪 影響の記事はココから >
今問題になっているのは、「環境ホルモン」です。

環境モルモンは、人体に悪い影響を与えます。

環境ホルモンは、微量でも影響が多く胎児や乳幼児が

影響を受けやすいのです。

そしてあまりにも身近に数多く存在することです。

もっとも有名なのは、ダイオキシンです。

現在のところ環境ホルモンと抜け毛の関連は報告されて

いません。

しかし豊かな髪の成長を妨げる働きのある物質が、存在する

可能性もあります。
< 環境ホルモン 髪 影響の記事の続きはココから >
< 環境ホルモン 髪 影響の記事はココまで >
[ 抜け毛 チェック髪 影響 社会環境 > 謎の円形脱毛症・トリコチロマニー ]

謎の円形脱毛症・トリコチロマニー

< 謎の円形脱毛症・トリコチロマニーの記事はココから >
円形脱毛症とトリコチロマニーは、解明されていない

抜け毛の代表的なものです。

円形脱毛症は、何の前兆もなく突然脱毛が始まり、

他の脱毛症に比べて進行の速度が速いのも特徴です。

円形脱毛症は、症状によって様々な種類のものが

あります。

円形脱毛症の原因は、ストレスだといわれていましたが

他にも多くの説が登場しています。

現在では、自己免疫説が最有力ですがストレス説も

捨て切れません。

明らかにストレスが原因といわれるのが、トリコチロマニー

です。

これは、自分で自分の髪や眉毛を抜いてしまうというもの

です。

小学生や中学生の間で増えていることが問題視されています。

本人は無意識のうちにやっていることなので、自分自身も

愕然としてしまいます。

原因は、はっきりしていますが心の問題なので決め手となる

治療法がないことや子供たちだけがなるという点では、謎の

多いものです。

社会の急激な変化によるひずみに対応できない弱者が犠牲と

なっているのが問題です。

円形脱毛症もトリコチロマニーも髪の現代病です。
< 謎の円形脱毛症・トリコチロマニーの記事の続きはココから >
< 謎の円形脱毛症・トリコチロマニーの記事はココまで >
[ 抜け毛 チェック髪 影響 社会環境 > 社会進出 女性 薄毛 ]

社会進出 女性 薄毛

< 社会進出 女性 薄毛の記事はココから >
薄毛は男性だけではなく、女性特有の薄毛も存在

するのです。

もっとも多いのが、更年期になって女性ホルモンの分泌が

減少しておこる薄毛です。

個人差はありますが、40代中盤から50代後半にかけて、

いわゆる更年期障害が起こる時期になると女性ホルモンが

減少して、脱毛症になることがあるのです。

その他にも、出産後の脱毛症、ピルや生理遅延剤の

服用中止後の脱毛症などが女性に特有なものとして

挙げられるます。

その他にもダイエットによる脱毛症や牽引性脱毛症も

女性に多くみられる脱毛症です。

女性の薄毛人口の増加は、ここ数年顕著な傾向です。

何が女性の脱毛症の原因か考えてみると…

ひとつには、髪染めの一般化に問題があります。

これは男性にもいえることですが、髪だけではなく

やり方によっては頭皮そのものにダメージを与えて

しまいます。

もうひとつの女性の薄毛の原因は、社会進出による

ストレスの増加です。

家事や育児と仕事を一緒にしようと思ったら、男性

よりも心身にかかるストレスは大きくなります。

奇異な現象もあります。

男性型脱毛症が女性にも増えていることです。

これは、まさしく女性が男性と同じような社会生活を

送っているのが男性と女性の区別をなくしているのでしょう。

社会への進出と家庭に縛られない自由を手に入れる代償として

抜け毛まで男女平等とは、何とも切ない話です。

日頃からヘアケアとメンタルケアを忘れないように

して下さい。
< 社会進出 女性 薄毛の記事の続きはココから >
< 社会進出 女性 薄毛の記事はココまで >
[ 抜け毛 チェック髪 影響 社会環境 > ストレスは髪の大敵 ]

ストレスは髪の大敵

< ストレスは髪の大敵の記事はココから >
男性ホルモンの分泌が多く、しかもそのホルモンに

対する感受性が強い体質の人がなる「男性型脱毛症」

は、一般的に若ハゲといわれます。

若ハゲは、ブラッシングや洗髪で大量に脱毛する

ようなことがあったら早めに予防したほうが良いです。

脱毛症の誘因としてもっとも影響が強いのは、食生活の

欧米化による栄養のかたよりだといわれています。

もうひとつはストレスの存在です。

人間関係や仕事上のトラブルなど、ストレスが髪に

与える影響は大きいのです。
< ストレスは髪の大敵の記事の続きはココから >
< ストレスは髪の大敵の記事はココまで >

最新トラックバック
RSSで更新状況をチェック
頭皮ケアもできる天然ハーブの白髪染め
Go To Mobile-Site
qrcode
amazon
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

抜け毛,髪,ハゲ,頭皮,育毛,発毛